夕日新聞

政治や経済、教育、サブカルチャー等の面白いニュースやコラムを配信していきます。

酒鬼薔薇事件の犯人・東慎一郎の手記が発売される 神戸連続児童殺傷事件

神戸連続児童殺傷事件、元少年が手記出版というニュース。

f:id:mikiy666:20150610110036j:plain

警察や新聞社に送りつけられた犯行声明

1997年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件の加害男性(32)が、「元少年A」の名で手記「絶歌」(太田出版)を出す。
犯行に至った経緯や事件後の生活、現在の心境などをつづっている。早ければ10日から書店に並ぶ。

太田出版の岡聡社長は「少年犯罪が社会を驚愕(きょうがく)させている中で、
彼の心に何があったのか社会は知るべきだと思った」と出版の意図を説明。
「本は本人の手紙を添えて遺族に届けたい」と話している。

当時14歳だった元少年は、97年2~5月に同じ区内に住む児童5人を襲い、小4の女児と小6の男児を殺害、3人に重軽傷を負わせた。事件は社会に大きな衝撃を与え、刑事罰の対象年齢を16歳から14歳に引き下げる少年法改正のきっかけにもなった。

手記は全294ページ。「精神鑑定でも、医療少年院で受けたカウンセリングでも、
ついに誰にも打ち明けることができず、二十年以上ものあいだ心の金庫に仕舞い込んできた」として事件前からの性衝動を明かし、犯行に至るまでの自身の精神状況を振り返っている。

また後半では2004年に医療少年院を仮退院後、家族と離れて身元を隠し、溶接工や日雇いアルバイトで暮らしていたことを書き記している。
現実社会の厳しさに直面しつつ、周囲の人々の支えによって罪と向き合う姿がつづられる。
一方で「自分の物語を自分の言葉で書いてみたい衝動に駆られた」などとして、
書くことが生きる支えになっていたことも明かしている。
巻末では「被害者のご家族の皆様へ」と題し、
「どれほど大切なかけがえのない存在を、皆様から奪ってしまったのかを、思い知るようになりました」とつづった。

朝日新聞社

 

神戸連続児童殺傷事件とは

1997年(平成9年)に兵庫県神戸市須磨区で発生した当時14歳の中学生(以下「少年」と表記)による連続殺傷事件。別名『酒鬼薔薇事件』『酒鬼薔薇聖斗事件』とも呼ばれる。この事件で、2名が死亡し、3名が重軽傷を負った。

数ヶ月にわたり、複数の小学生が殺傷された事件である。通り魔的犯行や遺体の損壊が伴った点、特に被害者の頭部が「声明文」とともに中学校の正門前に置かれた点、地元新聞社に「挑戦状」が郵送された点など、強い暴力性が伴なう特異な事件であった。また、犯人がいわゆる「普通の中学生」であった点も社会に衝撃を与えた。
兵庫県警察は聞き込み捜査の結果、少年が動物虐待行為をたびたびおこなっていたという情報や、被害者男児と顔見知りである点などから、比較的早期から彼に対する嫌疑を深めていたが、対象が中学生であるため、極めて慎重に捜査は進められた。

耳まで切り裂かれた被害者の口には、「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」名の犯行声明文が挟まれており、その残虐さと特異さからマスメディアを通じて全国に報道された。6月4日に犯人から第二の犯行声明文が神戸新聞社に郵送され、報道はさらに過熱。警察の捜査により、6月28日に犯人逮捕。マスコミが報じていた推定犯人像(がっちり体型の30~40代)と異なり、犯人が14歳の中学生であったこと、連続殺傷事件であったことが判明した。

 

f:id:mikiy666:20150610110241j:plain

当時、神戸新聞社に送られた犯行声明

 

11年も前に出所していたのか…。

f:id:mikiy666:20150517033115j:plain

この事件は東慎一郎という少年の逮捕によって幕を閉じたわけですが、不気味な犯行声明や被害者の頭部が校門に置かれる等異常で残忍な犯行からメディアで大きく話題になりました。女子高生コンクリート詰め殺人事件についで有名な事件じゃないですかね。

アメリカのゾディアック事件のマネじゃないか等いろいろな説が囁かれていました。

余談ですが、この東慎一郎は漫画「ガンツ」のキャラクター・西丈一郎のモデルです。

f:id:mikiy666:20150610111421j:plain

逮捕された東慎一郎 週刊誌より

ちなみに、ネット上に現在の東真一郎(慎一郎?)の写真が出回っているのですが、真偽不明なのでここには載せません。ただ、かなり似ているので信憑性は高いのではないでしょうか。興味のある方は「東真一郎」or「東慎一郎」でグーグル画像検索してみてください。

f:id:mikiy666:20150610112113p:plain

現在の東真一郎?

 

 

 

ネットの反応

 

遺族の感情逆撫でする様な真似して
まったく反省の色なしだな

 

 

11年も前に出所してたのかよ!?

 

 

少年法は神!

 

 

もしかしたら君の職場に…

 

 

夢の印税生活へ

 

 

勿論印税は遺族へ渡すんだろうな

 

 

殺人者が一気に印税で勝ち組だよ
これ、どこが企画持ち込んだんだろうね?
そもそも、この犯人が出版社に売り込んだの?
出版社側から接触したのなら、誰が仲介したんだ?
普通はこいつの名前も住所も知らんよね

 

 

名大生のタリウム女子と長崎のあの例の女子に、読ませてやれよ

 

 

当時話題にめちゃくちゃなっていた事件だけど、

犯人像とか証言と全然違って報道はあてにならないなーって思った

 

 

マスコミの印象操作で少年犯罪急増とか言われてるけど、

実は少年犯罪は減ってるんだよね

f:id:mikiy666:20150610113520j:plain

一番犯罪発生率の高い世代が団塊の世代という…

 

 

大きく報道されるから目立つだけでジジイのがよく人殺してるよね

 

 

この事件の頃にウチに身に覚えのない宅配便が届いて、差出人の欄には「クロバラ」と書かれていた
時期が時期だし、映画のセブンのワンシーンを思い出してかなりビビったね

恐る恐る開封してみると中には新品のニンテンドー64と一枚の紙切れが入っていた
その紙切れにはこう書かれていた

「厳正なる抽選の結果、懸賞に当選しました。おめでとうございます。 クロパラ編集部」

そう、以前応募したクロスワードパスル誌の景品が届いただけだった…

 

 

マジキチな事件だったから覚えてるよ…

日本で3本の指に入る少年犯罪じゃないだろうか

 

 

正にサイコパスのイメージそのままの犯人だったな

犯罪係数ぶっちぎってそうだ

 

 

猟奇犯罪の当事者なのに国の保護の元で税金で治療受けて、職業訓練して、新しい名前を与えられて、住むところや仕事を与えられて・・・
国がここまでするのは、未成年加害者の更正だけではなく、遺伝子レベルからの貴重な研究材料とか、精神疾患絡みの治験なんかの価値があったからだと思うんだがどうだろう?
おそらく、日本だけじゃなく、アメリカあたりとも彼についての調査研究結果は共有されているんじゃないかと俺は思う。
実はそもそも彼のような精神疾患こそが何らかの研究や実験の成果であり結果だったりして・・・ 

 

 

研究対象なのは確かだよ。居場所の管理や嘘情報流してるのは法務省だって噂。
国家プロジェクトだと当時の法務省側が名言してたくらいだから。
退院間近と言われてたけど、刑期が2年伸びたのも
更生が上手くいかなかったことを示してるしね。

 

 

やはり、名前はアズマシンイチロウではなくなっているんだろうか

 

 

サカキバラといえば、頭部を校門に飾ったことと、犯行声明がすぐ思い浮かぶが、
それ以外にも遊んでる女の子をハンマーで殴打、
水飲み場を教えてくれた女の子に、お礼を言いたいからこっちを向けといって、
振りむいた途端に金槌で撲殺、その後別の女の子を刺しナイフが胃を貫通。。

事件一つ一つが前代未聞の残虐事件じゃないか。

首を切断された被害者を殺すのにも、なかなか死なないからと
体勢を変えて首を絞めたり、最後は腹を立てて顔を蹴りまくってとどめに
また首を締め上げている。
一切の躊躇も慈悲もないような基地外悪魔。

 

 

異常性ではコイツが上だけど、残虐性ではコンクリが不動のナンバー・ワンだよね

犯人も反省せずにヤクザやってるしね

 

 

当時の司法はアホやな

 

 

アマゾンランキング1位日本\(^o^)/オワタ

 

 

追記

この「絶歌」という酒鬼薔薇聖斗の手記の続報ですが、東慎一郎が出版社に持ちかけたそうです。初版は10万部発行されるそうですが、遺族の方は激怒し回収を出版社に求めているようです。

遺族の方がこれに同意しているのなら、購入してレビューを書こうと思っていましたが、猛反対しているみたいなのでどうしようかなと言う感じです。

中古で買うにしても出回るまで時間がかかるしなぁ…困ったな。