夕日新聞

政治や経済、教育、サブカルチャー等の面白いニュースやコラムを配信していきます。

「汚い韓国のビールを持ち込むな」ワシントンポスト東京支局長のアンナ・フィフィールドが捏造ツイート

米大手紙ワシントンポストの東京支局長がツイッターに投稿したひと言が、物議をかもしている。

f:id:mikiy666:20150526055618j:plain

ワシントンポスト東京支局長のAnna Fifield(アンナ・フィフィールド) racist

 

このニュースを要約すると

・ワシントンポストの東京支局長が「韓国屋台からのビール持ち込みはご遠慮ください」と書かれた張り紙を「Don't bring your dirty Korean beer in here」と英訳してツイート

・日本人から見てどう見ても悪意や差別表現のある張り紙で無いのにも関わらず、原文の日本語には無い「dirty(汚い)」という言葉を付け加えて投稿したことで、日本のイメージを毀損するための捏造との批判が殺到

・東京支局長のアンナ・フィフィールドは言い訳じみた謝罪をし炎上

 

以下は、ニュースの原文

「韓国屋台からのビール持ち込み禁止」の張り紙を自身で英訳したようだが、なぜか「dirty Korean beer」と書いたのだ。
日本語を読む限り「dirty」という、韓国屋台にネガティブな印象を与える語句はない。
ありもしない言葉をねつ造して、日本人がさも韓国を侮辱しているような印象をばらまく気か――。
ツイッターには支局長への批判が相次いだ。

・「汚いビール」か、それともルール違反の強調か
「渦中の人」となったのは、ワシントンポストのアンナ・フィフィールド東京支局長。
ツイッターの自己紹介欄には、ニュージーランド出身で、日本と韓国事情を専門としているとある。

2015年5月25日のツイートでは、飲食店に掲示されていたとみられる来店者向けの注意書きを撮影して掲載した。
黄色い紙に「生ビール等、韓国屋台からのお持込みはご遠慮下さい。ご協力お願いします」と手書きされている。
場所を含め店の詳細は不明だ。
そのうえで支局長は、英文で「Don't bring your dirty Korean beer in here」と添えて投稿した。

f:id:mikiy666:20150525233454j:plain

写真の和文を英訳したとみられるが、逆にこれを和訳すると「ここに『ダーティー』な韓国ビールを持ち込まないでください」と読める。
多少意味合いが違っている印象だ。

特に「dirty」を巡っては、英文を読んだ他のツイッターユーザーの間で議論が起きた。
そのまま読めば「汚い韓国ビール」と受け取れるだろう。だが元となる和文には、そのような表現は見当たらない。
発言には正確を期すべきジャーナリストが、なぜ書かれていない語句を英文に入れたのか。憶測や批判が、支局長には寄せられた。
「dirtyなんて書いてない」という指摘に始まり、「注意書き」は日本語で韓国の悪口を言っていると英語でツイートして、
読んだ人に「日本人は差別主義者」という印象を植え付けたいのかという怒りの声も複数あがった。

半面、さすがにワシントンポストの記者がツイッターで軽率な発言はしないだろうとの意見もある。
例えば「dirty money」は「不正な金」と訳す。推測だがこの場合も、韓国のビールが汚いという意味ではなく、
店側がビールの持ち込みを禁じているので韓国屋台で購入したものは「不正なビール」、
すなわちルール違反だという点を強調するために「dirty」を用いたのかもしれない。

ただ、米国大学院卒で、現在日常業務で英語に接している複数人にたずねると、
支局長が意図的に「dirty」を使ったのではという印象を口にした。
「不正」という意味にしたいのなら、わざわざ「dirty」を用いなくても別の表現にすればよいだけ、との指摘だ。

・「『dirty』という表現が不快だったとしたら申し訳ありません」
フィフィールド支局長は、批判のツイートに返信している。「『dirty Korean beer』と書いたのはなぜか」との質問に、
「大半は日本の屋台だったのに、韓国屋台が(注意書きで)指摘を受けていて驚いたから。
どうして『ほかの屋台から食べ物を持ち込まないで』と言わないのか」と答えた。

どうやら張り紙の内容が、数少ない韓国屋台だけを標的にしていたのは疑問だという主張らしい。
皮肉を交えてこれを伝えようと、支局長は「dirty」という言葉を入れたに違いないと理解を示す人もいたが、
多くは「もともと書いていなかった語句をねつ造した」と厳しい。

その後支局長は「もし『dirty』という表現が不快だったとしたら申し訳ありません。ほんの冗談のつもりでした」と陳謝。
続けて「私は真剣に日韓関係を心配しています。笑いごとではありません」とツイートした。
一方で「実際は私、日本に関してソーシャルメディアを通じてポジティブな投稿もしているんですよ」と理解を求めていた。

J-castニュース

 

f:id:mikiy666:20150517040003p:plain

お前さんがdirtyなんじゃねーの?

火のないところに火を付けて面白がってるよね。この人。

日本のメディアも酷いけど、海外のメディアはもっと偏向が酷い。

WPとNYTは反日メディアで有名。

 

 

ネットの反応

 

外国特派員協会にいる記者て頭悪いのん?

 

 

トンスルビールのことじゃねえの?

 

 

韓国屋台が隣接しててよく持ち込まれるからだろ

しかも、そこ新大久保じゃね?なら自然なことだろう

この看板のどこに悪意があるように思うんだ?

 

 

「韓国屋台からのビール持ち込み禁止」
からdirtyに結びつけるのは記者の脳内変換

そもそも記者自身が状況を把握しきれずに勝手に解釈している

 

 

猫も困ってるじゃん

 

 

張り紙のお店は、かわいいイラストまで書いて、
言外に「ごめんなさい~」っていう気持ちまで表現してる。
日本人なら絶対に理解できるニュアンス、
外国人だからわからなくても仕方ないけど、指摘されたら認めて欲しい。

 

 

確かにイラストの含む意味は大きよね。

 

 

コイツも本当はわかってるよ

わかっててわざと悪意を持って捏造したんだろう

 

 

ただのレイシスト記者じゃん

こんなのが東京支局長とかワシントンポスト終わってんな

 

 

最近の欧米での黄禍論の最ブームww

 

 

ワシントンポストの日刊ゲンダイ化が止まらない

 

 

こいつらって火のないところに火を付けてまわって争いを起こそうとする戦争主義者だよね

 

 

程度の低い記者だな

 

 

白人、差別主義者すぎる

 

 

もしかして、その人って「日刊ゲンダイ」最高とか言ってた池沼の人?

>私がいま手にするのは、日刊ゲンダイ、週刊金曜日、週刊現代といった週刊誌です。
>いまや週刊誌の方が、大手紙より読み応えがあるのです。
>安倍政権になり、世論が右傾化したという人もいますが、私はそうは思いません。
>世論はさほど変わっていないでしょう。変わったのは、メディアです。

 

 

それは別のやつ

NYタイムズ東京支局長のマーティン・ファクラーだね

 

 

ワシントンポストとニューヨークタイムスは反日で有名な新聞だしな。

今さらこいつらレイシストの戯言には驚かないよ。

 

 

WSJはおかしな日本人女性記者が居た(今は知らない)。
その記事さえよけて読めば後は普通だとは思う。
JapanRealTimeの英語版のコメントの方は変な
アンチジャパンみたいなのが常駐して、いっつも
日本人はクソで女はブサイク、って悪口を吐き出している。

 

 

海外大手の東京支局に雇われている日本側スタッフも
反日記事ばかりでスゴイものがあるな

わずか150人ぐらいでこれほどの反日・捏造記事を
日々生産するとはそろそろ解散してはどうか

 

 

日韓対立の火種を裏でコソコソつけて回ってるのって実はアメリカだもんな
親米と嫌韓がセットなのは偶然じゃない

 

 

どうせ張り紙もヤラセじゃねーの?

 

 

歯の抜けた爺さんが
ワシントン・ポストつって無理やり言ったのが
ハフィントン・ポスト

 

 

>多少意味合いが違っている印象だ。
いや、全然意味が違う
韓国屋台からビールを持ち込まないというのは完全に合法
「汚い朝鮮ビールを持って来店はお断り」なら違法になり得る

 

 

こういうバカな捏造を平気でやる差別主義者の記者は日本から追い出すべき

 

 

>続けて「私は真剣に日韓関係を心配しています。笑いごとではありません」とツイートした。

韓国人の反日感情を焚き付けて日韓関係の悪化を図っているとしか思えませんが?

 

 

こういう声高に日韓関係を憂うという発言をする奴のほとんどが日本側が悪という発言しかしないんだよな。
同時に韓国側の反日行動を批判している奴なんて見た事ない。

 

 

こうやって色んな所に放火して争い事を生み

それを記事にして金儲け

とんでもない糞ジャーナリスト

 

 

ここまで日本が嫌いな人間が日本で記者やってて辛くないのかね
韓国の支局にでも飛ばしてもらえば?

 

 

こういう奴に限って争いが大好きだよね

他人を争わせて自分は金儲けでジャーナリスト気取り

 

 

今後この日本人へのレイシスト女を「Dirty Fifield」ダーティーフィフィールドと呼んでツイしてやれ

 

Hello! Dirty Fifield