読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕日新聞

政治や経済、教育、サブカルチャー等の面白いニュースやコラムを配信していきます。

「子ども」は「子供」で統一 文科省「差別表現でない」と公文書で使用 差別用語って何?

「子ども」と「子供」、書き方としてはどちらになじみがあるだろうか。ここ数年、差別助長を防ぐため「障害者」の表記を「障がい者」に見直す動きが広がっているが、実は「子供」も「差別的な印象を与える」として長らく敬遠されてきた。

f:id:mikiy666:20150524023902j:plain

日本教育新聞の記事

 

行政でも「子ども手当て」「子ども・子育て支援法」など「子ども」が優勢だが、ここにきて文部科学省が「子供」表記の統一に乗り出した。

「子供」のイメージは「お供え物」「お供する」

文科省が2013年6月下旬、公用文中の「子ども」の表記を「子供」に統一した、と複数の新聞が報じた。同省の公文書では常用漢字を使うのが原則だが、「こども」については漢字の「子供」ではなく「子ども」が多用されてきた。「供」という字が「お供え物」「お供する」などを連想させ、差別的な印象を与えるというのがその理由だ。

しかし一方で、漢字とひらがなを交ぜて表記する「交ぜ書き」を問題視する声も以前からある。「はれ、ときどきぶた」シリーズで知られる児童文学者の矢玉四郎氏はウェブサイト「子ども教信者は目をさましましょう」を運営しており、下記のような主張を展開している。

「子供は熟語です。熟字訓というもので、いわば当て字です。コドモという音は万葉のむかしからあります。(中略)江戸時代にコドモに、子供という字をあてたようだ。子供は当て字で二字熟語です。子ども、こ供とは書けない」
今年3月には自民党の木原稔議員が「子ども」の交ぜ書き問題を文科省委員会で取り上げた。同氏はビデオレターでも「子供に対して『子どもは漢字で書きなさい』といいながら、大の大人が交ぜ書きにしている。さらに公用文でも交ぜ書きが横行しているのには違和感を覚える」と主張している。こうした指摘を受け、文科省では本年度に協議がなされ、差別表現でないと判断、統一に至った。

J-CASTニュース

 

 

・・・・・・。

f:id:mikiy666:20150517032650g:plain

子供が差別用語って…

やたら、「子ども」という表記を見かけるので、最近の大人は子供って漢字が書けないくらい脳が退化してしまったのかと心配にもなりましたが、そういった事情があったのですね。

言論人の中では子ども派が優勢って、中世に退行した気分です。

それと、最近思うのは皇族の報道の時に「○○様」を「○○さま」のように平仮名で表記するのはどういった意図なんでしょうね。殆どのマスコミが「さま」が使用しているので、その記事を書いた記者が時々で気分で決めているということではないようです。

一応、調べてみたのですが、諸説ありハッキリとした答えは見つかりませんでした。