夕日新聞

政治や経済、教育、サブカルチャー等の面白いニュースやコラムを配信していきます。

「ニートは生産性の無いゴミだから罰金な」旧ソ連のベラルーシで人権を侵害する法案を可決

半年間職に就かず納税していない国民に罰金を科す新法案が、旧ソ連のベラルーシでこのほど成立したが、国際的に大批判を浴びている。

f:id:mikiy666:20150505063247j:plain

一部で最悪の独裁者の一人とも言われるAleksandr Lukashenko (アレクサンドル・ ルカシェンコ)大統領

 

 いわゆる「ニート罰金法」で「健康な国民の就労を促し、国家支出の財源作りへの参加を義務付ける憲法の尊重を強調する」のが狙い。罰金は約3万円、支払わなければ拘束され、地域のボランティアをさせられる。未成年や障害者、学生、55歳以上の女性、60歳以上の男性は除かれる。

 ニート、ひきこもりはもはや世界的な問題で、日本語の「HIKIKOMORI」は専門家の間では国際的になり、その対策が各国で議論されている。

 だが、ベラルーシのニート罰金法には「逆効果だ」「旧東ドイツをほうふつとさせる奴隷制度だ」などの声が上がり、国際人権連盟はベラルーシ政府に対し「人権上問題がある。即刻、法令と強制労働の廃止を求める」との声明を発表した。

 問題なのはこの法律を発案したのがベラルーシのアレキサンドル・ルカシェンコ大統領(60)であること。現代欧州の最後の独裁者と呼ばれ、ヒトラーを「彼のおかげでドイツは残骸から立ち直った」と称賛し、軍服にちょびひげという風貌までマネしている人物だ。

「選挙では毎回70~80%の支持を集めて1994年から政権を握っていますが、選挙の不正や野党候補を逮捕するなどの取り締まり、選挙妨害などへの関与が問題視されています」とは同国に詳しいジャーナリスト。

 同大統領は、これまでにも様々な“奇法”を作っている。

「女性が美しいと評判のベラルーシで『美女は自国の財産』と美人の“輸出”を禁止したり、アルコールや麻薬の中毒患者を治療センターという名ばかりの施設に封じ込めて強制労働させているともいわれています。アイスホッケー好きであることから、国内各地にアイスホッケー場を作り、長野五輪にはお忍びで来日したといわれています」(同)

“奇人大統領”による人権無視のニート対策法だけに世界でマネされることは、ほぼないとみられている。

東スポwebより抜粋

 

f:id:mikiy666:20150505064252p:plain

Wikipediaより抜粋

 

 

ネットの声

 

うんこ製造機抹殺法案か

 

 

酷過ぎワロタw

 

 

このスレの中にも対象者はいそうだな

主にニート擁護の書き込みしてるやつ

 

 

そんな悪くないと思うけどな

うんこ製造機なんて居てもいらっても困るし

 

 

マジレスすると人権侵害も甚だしいだろ

ニートは無価値だが、罰則を設けるのは間違い

 

 

生活保護を打ち切るとか働かない奴は放置して飢え死にさせるとかならまだわかるけど、罰則はなぁ…社会保障を食いつぶさなきゃ社会に迷惑かけてないやんけ。

あ、カーチャンには迷惑かけてるか。

 

 

やりすぎワロタww

 

 

何も生み出さいない消費するだけの人間は社会のお荷物だが

罰則はやりすぎだわな

何事もバランスが大事だよ

 

 

ボランティアは意味ないだろ

 

 

納税額に応じて階級を付けるとかやりそうだな。

 

 

まぁ、生まれつき決まってるカースト制度よりましだけどな

 

 

結婚して子供がいる…1級市民
結婚してまだ子供がいない…2級市民
結婚していない…3級市民


ニート… 不可触民

 

 

ニートが無価値っていう認識は共通なのなw