読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕日新聞

政治や経済、教育、サブカルチャー等の面白いニュースやコラムを配信していきます。

ロバート・ダウニー・Jr、ムカつく質問にキレる インタビューを中断し退出するハプニング

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のプロモーションのためインタビューを受けていたアイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrが、インタビュアーの質問に気を悪くし、途中退席するハプニングがあった。

f:id:mikiy666:20150423225035p:plain

 

ロバートを激怒させたのは、イギリスのテレビ局「チャンネル4」のニュースキャスター、クリシュナン・グルー=マーシー。インタビューの様子は現地時間22日、同局がYouTube上に公開した動画で確認できる。

激怒してもすてきな社長!『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』シーン写真

 当初、映画についての質問にはかなり詳しく答えていたロバートだったが、過去の政治的な発言について尋ねられると、広報担当者がいると思われる方向をちらちらと見ながら、「これって映画の宣伝用だよね?」とコメント。

 続けて、過去のドラッグや酒の乱用などについて聞かれたロバートはムッとした表情で、「申し訳ないが、僕たちは今、何をしているんだ?」と切り返した。クリシュナンは「質問をしているだけです」と答えるが、広報担当者と思われる女性が、もう答える必要はないという意味でオーケーを出した途端、ロバートは「バイ」と言って席を立っている。

 「いや待ってください。そんなつもりじゃ……」というクリシュナンに対しロバートは、「大丈夫。ちょっとダイアン・ソイヤーっぽくなっただけだろ」と言い残して退出。インタビューは終了となってしまった。ダイアンはインタビューをする相手にさまざまなことを告白させる腕を持つことで知られるアメリカの人気キャスター。ロバートとしては、映画のプロモーションで彼女がするような質問をされる筋合いはないと思ったのだろう。

 ちなみにクリシュナンは、2013年に『ジャンゴ 繋がれざる者』の公開を控えるクエンティン・タランティーノ監督にインタビューをした際にも、映画に関係のない質問を連発して相手を怒らせてしまっている。

シネマトゥデイ(澤田理沙)

 

 

動画 6分20秒辺りから

 

 

ネットの反応

 

映画の質問だけしてろよ

 

 

こいつがヤク中だったのは周知のことじゃないか?
内を今更聞いてるんだよ

 

 

日本の記者じゃないのか良かった

偏見かも知れないが、若い女性の記者に多い気がする。

 

 

この黒人のおっさんベテランっぽいのにな

 

 

な〜〜んだ、また日本のアホなインタビュアーが芸能レポーターのような
失礼な質問したのかと思ってヒヤヒヤしたぜw

 

 

欧米のインタビュアーって、この手の、プライベートに
関する、さしさわりのある質問を平気でするんだよね。

どうやら
「こういう質問をしないと有能なインタビュアーじゃない」
みたいな社会通念があるようなんだが、そういう常識っ
てのもどうかと思うね。

 

 

ダイアン・ソイヤーがアンカーで出てたABCワールドニュースはNHK-BSで見られるけど、
結構えぐいことを平気で聞いてくるので驚いた覚えがある。
日本なら放送事故レベルだけど、やっぱり文化が違うのかね?

 

 

そりゃ元王妃をストーキングして事故死させた国だからね

 

 

そういやダイアナ妃ってマスコミに追い回されて事故って死んだんだっけ

 

 

何で欧米のマスコミってわざわざムカつかれる質問するんだろうな

答えにくい質問とかワザとすること多いよね。

それがカッコイイみたいな風潮があるんかね。

 

 

日本だとお土産を渡すから割と何でも上機嫌で答えてくれるだろうね

 

 

日本でも橋下徹や石原慎太郎のインタビューでよく見る光景だよな。

 

 

政治的質問っていうのが何なのか気になる。

 

 

糞みたいな映画宣伝用のインタビューにいちいち政治の質問とか
されてもそりゃむかつくわな

 

 

クソ野郎への最後の切り返しカッコいいなw

 


外遊中の総理に解散はとか聞くのと同じか

 

 

まぁ、マスコミは相手をムカつかせることが仕事だからな。

 

 

欧米のインタビューは過去の不祥事には切り込めってルールでもあるのか