夕日新聞

政治や経済、教育、サブカルチャー等の面白いニュースやコラムを配信していきます。

同性婚で少子化? 柴山昌彦議員の発言が「TVタックル」で物議を醸す

2日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、自民党・衆議院議員の柴山昌彦氏が、同性婚について持論を展開した。

f:id:mikiy666:20150303153927j:plain

f:id:mikiy666:20150303154010j:plain

 

同番組は「今月の炎上ニュース」と題し、渋谷区の「パートナーシップ証明」をVTRで紹介。「パートナーシップ証明」とは、同姓カップルを結婚に相当する関係と認め、証明書を発行する条例案である。

スタジオでは「パートナーシップ証明」をきっかけに、同性婚の是非について討論となった。

柴山氏*1は「(同性愛を)差別をすることは、これからなくしていかなければいけないと思いますけれども、それとこれを法的に認知するのとは違う話」と、条例の可決には慎重になるべきであることを強調した。

さらに柴山氏が「同性婚が自由にできたとき、本当に少子化時代にマッチするのかどうか」と、少子化問題と結びつけて話そうとすると、スタジオの面々からは違和感を漏らす声が相次いだ。

これを受けて大竹まことが「少子化を防ごうとして言ってるわけ?」と問い詰めると、
柴山氏は「そんなことはないです」と否定しつつも、「同性婚を制度化したときに、少子化に拍車がかかるのではないか」と、懸念していることを明かした。

柴山氏は同性婚の実現について「経済的な制度と違って家族制だとか文化伝統の問題というのは一挙手一投足には変えられないもの」と政府の立場から説明。「(実現は)急いで慎重にやる」と述べた。

ライブドアニュース

 

同性愛者の結婚を認めるかどうかに関しては賛否別れる部分があるとは思いますが、1%もいないであろう同性愛者同士の結婚で少子化に拍車がかかるというのは違うのではないかと個人的には思いました。

ただし、今までそういった制度が行われてこなかったという伝統と、抵抗があるという方の意見も理解できますし、議論は慎重に行うべき問題だと思います。

 

今回の一番のTVタックルの見どころを紹介します。

 

柴山氏の「少子化に拍車がかかる」「社会的な混乱を生む」という意見に対し、

「どう、混乱を生むんですか?」と、ムッとした様子で食って掛かる女性出演者に意外なことにミッツ・マングローブさんが反論をしていました。

 

「生理的に混乱を生むのよ」

 

女性は思わぬ反撃にあってしまったせいか、言葉をつまらせ押し黙ってしまいました。

それ答えになっているのか…とは思いましたが、ちょっと面白いやり取りで印象に残りました(笑)

 


ビートたけしのTVタックル150302: 渋谷区「パートナーシップ証明書」から同性婚の是非を激論! - YouTube

 

 

これに対するネットの声

 

同性婚を否定しても、
そいつは異性と結婚する訳じゃないんだから関係ねえじゃんw

 

 

あたかもホモレズがちまたに溢れているかのように言うなぁ

 

 

同性婚しなかったからって
その人たちが異性と結婚して
子供を生むわけじゃないし
制度化しようがしまいが
子供については変わらない状態

 

 

ういうのは極論で考えれば単純に分かる

同姓婚が増えまくったらどうなるか、人類滅亡
同姓婚なんてもんは無い方がいいモノで間違いない

 

 

事実だろ
何か問題でも?

 

 

おしゃるとおり
同性愛者の知り合いが沢山いて、知り合い以外の話もよく聞くが、
今は世間体があるので同性愛者でも、異性と結婚して子供だけは作ってる人が
沢山いる
つまり同性婚を認めたら、そんな人たちが安易に同性婚に流れ、子供が欲しくても
同性婚の事実が邪魔をしてできなくなる

言い方はともかくとして、同性婚を認めたら出生が減るという事は正しい

 

 

同性婚自体の影響は軽微だろうけど
こういう条例を是とする感性が世の中に蔓延することで
少子化に拍車が掛かるのは間違いないだろうな

 

 

拍車はかからんと思うぞ。
同性婚を認めないからと言って
同性愛者が異性と結婚して子供を産み育てるわけじゃないんだし

 

 

素朴な疑問なんだけど
結婚を認められたからって何が変わるの?

 

 

管理人のコメント

賛否あるようですが、同性婚に否定的な方も同性婚と少子化は関係ないだろうという意見が多いように思いました。

自分もそれに関しては同意見です。ただ、制度で同性愛者の結婚を認めた場合に精子提供などで生まれた子供が授業参観等でからかわれたりする可能性もあり、両親の問題だけでなく、子供の代まで視野に入れた制度づくりが必要だと思います。

そうした問題が起きないよう同性愛に対する偏見をなくすように社会が努力することは大事ですが、無理矢理嫌いなものを好きになれと教育しても好きにならないように、人の心までは変えられないものなのだと思います。難しい問題ですね。

*1:柴山昌彦
【経歴】1965(S40)年12月5日生。A型。身長178cm体重76kg。空手(和道流2段)。東大法学部卒・住友不動産㈱・弁護士。2004年(H16)4月から衆議院議員(4期、埼玉8区 所沢・大井・三芳)。自民党財務金融部会長。★党初の全国公募による新人候補として立候補