夕日新聞

政治や経済、教育、サブカルチャー等の面白いニュースやコラムを配信していきます。

1000年前の仏像をCTスキャンしたところ、とんでもないものが見つかる

1000年前の仏像を研究機関がCTスキャンにかけたところ中にとんでもない影が映ったと話題になっています。

f:id:mikiy666:20150223151906j:plain

 

1000年前の仏像の中から人骨が

 

なんと今回1000年前の仏像をCTスキャンし、現れたのは宝でも紙でもなく「人骨」であった。

f:id:mikiy666:20150223152053j:plain

写真を確認いただくとわかりますが、肋骨が見えるのがわかる。

 

実はこれ肋骨を仏像の中に通しているのではなく、ミイラとなった死体の上に仏像として彫刻をかぶせたというとんでもない代物だったのである。

ある意味本当の「仏」ではあるが、何とも奇妙で不気味なこの物体に、CTスキャンした方もさぞかしドン引きだったであろう。

f:id:mikiy666:20150223152121j:plain

驚きを隠せないスタッフ

どのような経緯でこのようなものが製造されたのかは不明だが、この仏像となった死者は相当なくらいの高い人間だったのかもしれない。
いや、死んだあとに仏像となったという「説」は実にアンフェアだ。生きながら仏となったのかもしれない。

 

およそ1100年前に亡くなった高僧だといい、即身仏ではなく死後に供養として造られた「加漆肉身像」ではないかとみられています。

唐代以降はよく作られたようですが、CTスキャンという現代の透過技術を組み合わせることで、1000年前とつながるのも不思議な気持ちになりますね。
2015年5月まではブダベストの自然史博物館で展示される予定だそうです。

秒刊サンデーより引用

 

 

ネットの反応

 

即身仏か

南無阿弥陀仏

 

 

内臓とか取り出して防腐処理して、仏像に仕上げたのかな?

 

 

聖人の棺桶?
聖遺物って奴か?

 

 

不謹慎かもしれんが、カッコイイ!

 

 

右側に肩掛けカバンかける癖あり

 

 

エジプトミイラの棺と似たようなもんじゃね
CTにそのまんま入れて撮影するのはちょっと笑えた

 

 

下から見ると菊門が丸見えだな
つーか診察スタイルだな

 

 

調査員 「仏像の尻の穴からファイバースコープを差し込んだら、人間のウンコが付いていた」

 

 

日本の仏像もやってみようぜ

奈良の大仏に肋骨があったらどうしよう・・・

 

 

実は1100年前に洒落で作られたとかイジメがエスカレートして生きたまま・・とかだったりしてな

 

 

1000年前の完全犯罪だったかもしれないしな・・・

 

 

悪戯した小僧を仏像に閉じ込めたら行方不明になったってパターンじゃね?

 

 

これ外側の仏像で邪気を閉じ込めてるだけだから、開けたらいかんよ
とんでもないものが世に解き放たれる

 

 

死んだ高僧を芯にして像をつくるって、チベット仏教でやってたような。

 

 

チベットの高僧も遺体を処理して崇拝するんだよね

 

 

こういうのもある

台湾の即身仏(1952年製)の慈航大師
中国語だと「肉身菩薩」
死後に金箔を貼って出来上がり

f:id:mikiy666:20150223153417j:plain

遺体を仏像に加工後 

 

f:id:mikiy666:20150223153347j:plain

生前の写真

 

 

きっと偉い僧侶だったんだろうけど
お名前も即身仏になったという事実もいつの間にやら忘れられていたんだな
諸行無常

 

 

子供の頃、上野の国立科学博物館で日本の即身仏や南米の干し首のミイラ見たけど
まだあるのかな?

即身仏は辛いよね。
高僧が極わずかの木の身や水だけ持って穴の中に入り念仏唱えながら、徐々に自ら
ミイラになるんだよね~

 

 

即身仏は穴に入る前から絶食したりハーブみたいなのを食べて
死んだ後も腐らないようにしたりするんで大変なんだそうだ。
中には穴に入って心が折れて出してくれと泣き言いう奴もいたらしい。

 

 

ブッタまげた