夕日新聞

政治や経済、教育、サブカルチャー等の面白いニュースやコラムを配信していきます。

光合成の出来るウミウシ 葉緑体の遺伝子も取り込み利用か

ウミウシ光合成、謎に迫る 葉緑体を機能させる遺伝子も取り込み利用か/米サウスフロリダ大

f:id:mikiy666:20150216064303j:plain

 米東海岸のウミウシ。藻類から葉緑体を取り込んで光合成するが、大昔に必要な遺伝子も取り入れ、代々受け継いでいる可能性がある(米ウッズホール海洋生物学研究所、パトリック・クルーグ博士提供)

 

米東海岸に生息するウミウシの一種が藻類を食べて葉緑体を体内に取り込み、光合成でも生きられるのは、葉緑体を機能させる遺伝子も大昔に取り入れて代々受け継いでいるためである可能性があることが分かった。
米サウスフロリダ大のシドニー・ピアース名誉教授らが15日までに米生物学誌バイオロジカル・ブレティンに発表した。
 
ウミウシは貝殻のない貝の仲間。
葉緑体を取り込み利用する現象は1960年代に発見され、日本を含む各地のさまざまな種で確認された。
餌がないと光合成だけで半年以上生きることもある。
 
葉緑体はかつては独立した細菌であり、DNAを持つが、藻類や植物の細胞小器官となってから遺伝子が減少し、細胞核の遺伝子群がないと機能を維持できない。このためウミウシが葉緑体をなぜ維持できるかが謎とされる。
 
研究対象は学名が「エリシア・クロロティカ」と呼ばれる体長2~3センチ程度のウミウシ。
黄緑藻類の「バウケリア・リトレア」から葉緑体を取り込んで体が緑色となる。
 
ピアース名誉教授らは詳細に解析し、クロロティカが大昔にリトレアから細胞核の遺伝子を取り入れ、自らのDNAに組み込んで代々受け継いでいると結論付けた。
ただ、細胞核の遺伝子群や、これらの遺伝子が生み出すたんぱく質の取り入れ方をめぐっては異論を唱える論文もあり、解明には時間がかかりそうだ。

引用元記事:時事ドットコム(2015/02/15-14:40)

 

 

ネットの反応

 

つまり、どういうこと?

ウミウシが海藻を食ってその葉緑体の遺伝子を自らの遺伝子とし利用できるという理解でOK?そして、それを子に引き継ぐことができると

 

 

そんな生き物居るのかよ。魔人ブウかよ。

 

 

和名ピカチューっていうウミウシもいる

 

 

人間でこれができれば、「生きるための労働」というモノがなくなるのか。

 

 

そして植物になるってコピペがなかったっけ?

 

 

シドニアの騎士の人間が光合成できるんだよね。

でも、人間が遺伝子操作とかで光合成できるようになったら、この写真のウミウシみたいに体色が緑色になるんじゃないだろうか。葉緑体が光合成しているわけだから。

 

 

これホントかよ? 太陽光でいろいろ作れるようになるぞ?

 

 

動物はミトコンドリア

このウミウシ君は葉緑体と共生ですか

ダニみたいに本体と同化するやつもいるしな
いろいろだな

 

 

うみうしさんの時代来るね