夕日新聞

政治や経済、教育、サブカルチャー等の面白いニュースやコラムを配信していきます。

シリア渡航問題のカメラマン、杉本祐一が外国特派員の前で記者会見

報道の自由が侵されることあってはならないことであり法的措置も検討すると語る杉本祐一氏

f:id:mikiy666:20150212131401p:plain

 杉本氏の問題行動

f:id:mikiy666:20150212130800j:plain

今までロクな実績のないカメラマンの杉本氏が何故かこのタイミングでシリアに行くことを発表したのは何故か。

 


【生中継】パスポート返納を命じられたカメラマン・杉本祐一氏が記者会見 - YouTube

 

【シリア渡航計画で旅券返納】杉本祐一氏が会見「報道の自由を奪われることを危惧する」

 

「シリア渡航を計画した」として外務省からパスポート返納を命じられ、応じていたカメラマン・杉本祐一氏は12日午前、都内で会見を行い、旅券返納の経緯を明らかにしつつ、「ジャーナリストが報道の自由、取材の自由を奪われることを危惧する。外務省に異議申し立てを行い、場合によっては、法的措置も検討する」と語った。

 杉本氏は、旅券を返納した経緯について、2月の2日か3日に外務省から電話があり、「新聞記事をよんで、取材を検討していること知った。今回の取材はやめてほしい」と言われたと説明。その翌日には、新潟県警の中央警察署の警備課長から会いたいとの電話があったため、喫茶店で面会し、「中止して欲しい」「行きます」というやりとりをしたという。警備課長は、家族の連絡先を教えて欲しい、無事に帰ってきて欲しい、とも語ったという。

 その後の、7日の午後7時頃、杉本氏の自宅を、外務省領事局旅券課の外務事務官と課長補佐、警察官が2、3名が訪れた。「返納しろ」「しない」というやりとりをしたあと、外務事務官は、岸田外務大臣の名前入りの旅券返納命令書を読み上げ、旅券法の辞典を開いて返納命令について説明。返納しない場合は逮捕する、との語ったという。

 杉本氏は、「逮捕されてしまえば、パスポートは没収、事情聴取を受け、起訴され、裁判になった場合の裁判費用もかかる。このリスクを考えた際、パスポート返納に応じざるを得なかった」と返納に応じた理由を説明した。夜7時55分ごろ、外務省の職員らは、「パスポートは、お返しすることはない」と語り、引き上げたという。

 また、杉本氏は、記者団からイスラム国による人質が殺害されていることの危険性について問われると、「20年間の取材の経験から、無理はしないと決めており、コバニやトルコ側のアクチャガレの取材を優先して考えていた。イスラム国の支配地域に行くつもりもなかったし、シリアに入るかどうかも、現地の信頼できる仲間と相談して、現地情勢を見極めながら、判断しようと考えていた」と説明した。

 杉本氏は、「パスポートを取り戻したい。私の事例が先例になり、他の報道関係者まで、強制返納を命じられ、報道の自由、取材の自由を奪われることを危惧する。できるだけ早く、外務省に異議申し立てを行い、場合によっては、法的措置もとることも検討したい」と語った。

引用元:ヤフーニュース

 

杉本祐一氏は過去の痛々しい発言や、カメラマンとしての実績がほとんどないことから売名行為ではないかとの声も出ている。

 

杉本氏の運営していたB&B風々というブログの一部

 

f:id:mikiy666:20150212131630p:plain

恋人を募集している記事

 

f:id:mikiy666:20150212133008p:plain

安倍晋三が大嫌いのようである 

 

f:id:mikiy666:20150212133448p:plain

鳩山由紀夫に何故か厭味ったらしい口調でカンパを求める

 

軽く目を通した限り、思想的に偏っていたり色々とアレな人のようである。

 

過去の記事を読んでいくと、どうやら金にはかなり困ってようで、カメラマンとしては食べてはいけなかったようである。生活費は出稼ぎ労働などで稼いでたようだ。

f:id:mikiy666:20150212134339p:plain

憲法九条よりまず自分の生活の心配をしたほうが良い。

 

 

ただ、ブログを読んでみて、杉本氏は馬鹿というだけで決して悪い人間ではないような印象を受けた。

純粋で馬鹿ゆえ、柔軟で多角的なものの見方ができず、偏った政治思想に染まってしまい、さらに夢と自分の生活とのバランスが取れなかったのではないだろうか。

小林よしのり氏の言葉を借りるなら「純粋真っ直ぐ君」である。