夕日新聞

政治や経済、教育、サブカルチャー等の面白いニュースやコラムを配信していきます。

ヨルダン人パイロットが生きたまま焼き殺される動画をイスラム国(ISIS)が配信

関係機関はヨルダン人パイロットは一か月以上前に殺害されていたと見ており

交渉を開始した時点で既に殺害されていた模様

f:id:mikiy666:20150204044454j:plain

 既に動画はYoutubeから削除されており、見ることは出来ない。

焼き殺した後、遺体を瓦礫で埋めるという冒涜的な行為までも行い、悪逆非道の限りを尽くすISIL

f:id:mikiy666:20150204045812j:plain

f:id:mikiy666:20150204044401j:plain

 

※やや観覧注意 GIF動画

http://livedoor.4.blogimg.jp/girlsbook_net/_f/AOtqGBd.gif

 

各ニュースサイトの報道

 

ヨルダン軍パイロット殺害か 「イスラム国」が映像公開【朝日新聞】

映像では、中尉が屋外に設置されたおりの中で、火をかけられた。国営テレビは「カサースベ中尉が殺害されたのは1月3日」と伝えた。

 カサースベ中尉は米軍主導の対「イスラム国」軍事行動に参加して昨年12月24日、ヨルダン空軍のF16戦闘機でシリア領空を飛行中に「イスラム国」側によるとみられるミサイル攻撃を受けて墜落。「イスラム国」に身柄を拘束された。

 ヨルダン政府は当初、2005年に起きたテロ事件の実行犯として死刑判決を受けたサジダ・リシャウィ死刑囚との交換を模索していたとみられる。

 だが、「イスラム国」は今年1月20日、フリージャーナリストの後藤健二さん(47)と会社経営者の湯川遥菜さん(42)の拘束を公表。のちに後藤さんとリシャウィ死刑囚の交換を求め、できない場合は中尉を殺害するとしていた。ヨルダン政府は繰り返し、中尉の生存を証明するよう「イスラム国」側に求めたが、反応はないままだった。

 1月3日に殺害されたのが事実とすれば、日本政府やヨルダン政府が対応を急いでいたとき、すでに中尉は死亡していたことになる。訪米中のアブドラ国王は日程を切り上げ、帰国するという。

 また、衛星テレビ局アルアラビアなどによると、ヨルダン当局は4日にも、リシャウィ死刑囚を処刑するという。(アンマン=渡辺丘、渡辺淳基)

 

ヨルダン人パイロット殺害か 焼き殺される動画 CG多用、音楽も【withnews】

「イスラム国」で人質になっていたヨルダン人パイロットと見られる男性が焼き殺されている映像が確認されました。AFP通信が伝えました。男性が檻に入れられ火をつけられる様子が撮影されています。

f:id:mikiy666:20150204044405p:plain

 映像は約22分。CGなどがふんだんに使われています。空爆の犠牲となった子どもの姿など、映画のような構成です。映像の後半は覆面の兵士が檻にむかって火をつけます。映像には音楽もつけられています。

 

 ヨルダン人パイロットを殺害か 「イスラム国」が動画配信【日経新聞】

【カイロ=押野真也】イスラム過激派「イスラム国」とみられる組織は3日夜(日本時間4日未明)、拘束しているヨルダン人パイロットを殺害したとする動画を配信した。

 映像では、ヨルダン空軍のパイロット、ムアズ・カサスベ中尉とみられる男性がオレンジ色の服を着て、鉄格子で囲まれた檻(おり)に入れられ、生きたまま火を付けられている。

 映像を撮影した日時や場所、男性がカサスベ中尉かどうかなど、詳細は確認されていない。ヨルダンのメディアは1月3日前後にすでに殺害されていた可能性があると報じた。

 ヨルダンでは、首都アンマンなどで連日、カサスベ中尉の解放を祈る集会が開かれていた。ヨルダンのアブドラ国王は同中尉を「ヨルダンと軍の息子」と呼び、救出を最優先する考えを示していた。

 イスラム国はカサスベ中尉と後藤健二さんらを拘束し、ヨルダンで収監するイラク人女性、サジダ・リシャウィ死刑囚の釈放を要求していた。ただ、ヨルダン政府はカサスベ中尉の安否が確認できないとして人質交換に応じていなかった。

 

関連記事:パイロットは鎮静剤を投与されていた…?